札幌 納骨堂 札幌市中央区 貸し会議室 納骨堂/クリプト北光

日本基督教団 札幌北光教会 日曜礼拝 木曜礼拝 牧師/指方信平、指方愛子

札幌北光教会/トップお問い合わせ
札幌北光教会/トップキリストの招き平和宣言過去の信仰告白オルガン結婚式・葬儀アクセスマップfacebook
教会案内礼拝案内集会案内牧師紹介/説教納骨堂/クリプト北光貸し会議室

>札幌北光教会/トップ  >牧師紹介・説教  >救いは信じる所に


イエスが故郷のナザレで礼拝説教を語った時、ナザレの人々はイエスの言葉を好意的に受け止めたのですが、「この人はヨセフの子どもではないか」「なぜ一介の大工の息子が、このような恵み深い言葉を語れるのだろうか」という疑問を持ちました。この疑問によって、イエスとナザレの人々の関係はこじれてしまいます。

サレプタの寡婦とシリア人のナアマンは共に列王記に登場する人物で、預言者の語る言葉をそのままで信じたという二人です。そしてその信頼故に救われたという共通点を持っています。ですから、ここでイエスはナザレの人々に、「あなたたちは、信じていない」と言っているのです。「異邦人でもユダヤ人でも関係ない。いつどのような時も、神を信じる人が救われるのだ」ということを言われたのです。

これは、非常に厳しい言葉です。救いの宣言を前にして、私たちは疑問すらも抱いてはならないというのです。つまり「いつ、どのような時も、無条件に神が恵みを与えて下さるということ、愛されているということを信じなさい」とイエスは語っているのです。

いつ、どのような時も、無条件に神の愛を信頼して生きることができるか、と言われればそれは極めて難しいでしょう。歩んで来た道のりの中で私たちは「神に愛されていない、恵みなんてどこにあるのか」というような経験をしてきたからです。愛そう、信じようと一生懸命努力した人に裏切られたことがあるのです。様々な失敗や挫折を重ね、そして心に深い痛みと簡単には消えない傷を受けながら私たちは生きてきたのです。そんな痛みの数々が、私たちを「いつ、どのような時も信じる」ということから遠ざけていくのです。だから、私たちが「神に、今、この時、愛されていることを信じなさい。」と言われて「そのようなことが本当にあるのだろうか」と疑いを抱いてしまうのも、当然のことなのです。

しかし、イエスは、「いつも、どんな時でも私を信じ、愛されているということを思い続けなさい」と言われるのです。信じたいけれども信じられないという私たちに、「それではだめだ」というのです。今日の所で私たちに語られるのは、確かにそのような厳しいイエス・キリストの言葉なのです。

発達心理学の分野で常識となっているのは、「人は生まれてから10ヶ月までに、人を信じ、疑うということの基本を身につける」ということです。生まれたばかりの赤ちゃんは、自分の思いを伝える力が発達をしていませんので、大声で泣くことで不安や不快な思いを周囲の人に伝えていきます。その時の周囲の人の反応が、信頼と疑いの境目になるというのです。両親が抱き締めてくれたり、ミルクをくれたり、あやしてくれたり、自分の危機に際して、親身になって世話をしてくれる人との出会いの経験が、人を信頼する力に繋がっていく。つまり、人は生まれたての小さな時から、愛されることによって、誰かを信じ、愛することができるようになるというのです。

「愛されて愛を知る」ということを思いながら、今日のイエスの厳しい言葉をもう一度聞いていきたいと思います。確かにイエスは、「いつ、どのような時も」と語っておられるのです。しかしそれは、文字通りに私たちに従順に従うということを願って語られている言葉ではありません。

イエスが十字架に付けられた時、イエスの周りには誰もいなかったのです。共に死ぬと誓った弟子たちは、イエスを見捨てて散り散りに逃げ去ってしまったのです。信頼、従順など欠片も見当たらない、それとは真逆の裏切りと孤独と捨てられる思いを味わいながらイエスは十字架にかかっていったのです。それでも、イエスはその弟子たちを赦し、私たちを受け止めて下さいました。全ての福音書に共通して記されているのは、イエスを捨て、裏切り、信じなかった弟子たちの前に、もう一度復活のイエスが姿を表した出来事です。「徹底して私を、神の愛を信じなさい。それだけを見つめて生きていきなさい。」そのイエスの言葉は、実は、「愛されていることを知りなさい。そして、あなたも誰かを愛しながら生きていきなさい」そのように私たちを、愛を生きることへと促す言葉なのです。神の愛を見つめる時、イエスの十字架を見つめる時、私たちは限りない大きな愛に包まれていることを知るのです。そしてその愛は、この世界の中で、私たちもまた愛を生きていくことへと押し出していくのです。それが、イエスの十字架の持つ力なのです。

前のページに戻る

お問い合わせ北光幼稚園

個人情報保護方針について